スポンサードサーチ

肌の乾燥を防ぐ方法

乾燥肌の方はとても多いようですが、冬場の寒い時期だけではなく、夏場の冷房などで1年中お肌の乾燥に悩まされているようです。

お肌が乾燥してしまうのを防ぐ方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

肌の乾燥 原因

肌の乾燥の原因は、角質層の水分保持能力が低くなるため、水分を保つことができずにお肌が乾燥してしまうからです。

たんに水分をお肌に補給をしてもすぐに蒸発しやすくなっているので潤いをお肌に溜め込むことはできません。

よって、保湿クリームなどでお肌の表面をカバーして水分が蒸発してしまうのを防ぐことがとても大切なのです。

 

保湿機能が低下する原因と対策

また、洗顔時に汚れをしっかりと落とそうとしてゴシゴシとこすってしまうと、角質層を傷つけてしまい、保湿機能が低下してしまいます

洗顔料や洗顔石鹸をしっかりと泡立ててから、お肌の表面にすべらせるように優しく洗うことがとても大切です。

また、乾燥しやすいお肌には洗浄力が強すぎるものは刺激となりやすく肌トラブルの元になってしまいますから、できるだけ無添加でマイルドなものを使用しましょう。

 

肌の乾燥対策

そして、洗顔後にはたっぷりとローションや乳液をつけて水分を補給します。

できればローションは2回に分けてお肌に浸透させるようにパッティングするとよいでしょう。

その後は、水分が蒸発してしまわないように保湿クリームを顔全体に塗りこみます。

こうすることでお肌の表面に膜ができ、角質層から水分が蒸発してしまうのを防ぐことができるのです。

 

肌の乾燥を防ぐには

毎日のしっかりとしたケアで、乾燥を防ぐことができますが、お肌が乾燥してから行ってもすぐに効果は表れません。

それは、肌周期によって肌細胞が生まれ変わるのには、正常な場合で約28日ほどかかると言われているからです。

また、加齢やストレス、睡眠不足が原因の場合には、肌周期が乱れやすくなりさらに時間がかかってしまいます。

よって、肌が乾燥してしまう前に水分を補給して保湿をたっぷりと行うことが、お肌の乾燥を防ぐ最善の方法だと言えるでしょう。

メニュー

免責事項

※当サイトは肌の乾燥の原因や対策についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 乾燥肌の原因には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。