TOP >> 新生児の肌の乾燥対策

スポンサードサーチ

新生児の肌の乾燥対策

生まれたての赤ちゃんの肌はとてもデリケートであることは、よく知られています。

それは、赤ちゃんの肌が大人と比べておよそ半分の厚さしかなく、肌の水分や皮脂も少ないからなのです

では、新生児の肌が乾燥しないようにするためには、どのような対策があるのでしょうか?

 

新生児赤ちゃんのスキンケア

基本的には、スキンケアは優しく洗ってあげた後に、すぐに保湿をしてあげることです。

とにかくちょっとした刺激でも肌表面を傷つけてしまいやすいので、ゆっくりと優しく丁寧に身体全体を洗います。

赤ちゃんに触れる時には爪が長くなっていないか必ず確認しておくとよいでしょう。

大人と同じ石鹸やボディシャンプーは刺激が強いので、必ず低刺激の赤ちゃん専用のもので洗うようにしましょう

 

赤ちゃんの肌の乾燥対策

身体を洗ったらすぐに肌触りの良いタオルなどでそっと押さえて水分を拭き取ります。

そしてすぐにベビーローションなどを顔から順番に身体全体に塗ってあげます。

特に乾燥が気になる部分はクリームなどを塗ってあげるとよいでしょう。

ほほや口周り、耳の付け根や手足などは、乾燥しやすいところですから、しっかりと保湿してあげるようにしましょう

 

スキンケアの仕方

ベビーローションやクリームは、できるだけ無添加のものを選ぶと良いでしょう。

合成界面活性剤や防腐剤がなどが入ったものは、赤ちゃんの肌への刺激が強くあまりおすすめできません。

乾燥してかさかさした部分には、天然の馬油やホホバオイル、オリーブ油などを少量塗ってあげるのもよいと言われています。

 

新生児赤ちゃんの肌のケア

また、お風呂から上がって10分経つと急激に肌の表面の水分が減少するので、なるべく5分以内にローションなどで保湿してあげましょう。

お部屋の湿度や衣服の素材なども肌トラブルを引き起こす原因となりますから、新生児にとって理想的な環境作りを心がけるとよいでしょう。

特に冬の時期には暖房を使うことが多くなり、お部屋が乾燥しやすくなります。

加湿器などを利用して、お部屋の湿度を50%台にすることが理想だと言われています。

 

赤ちゃんの肌はこまめにチェック

デリケートな新生児のお肌を乾燥から守るためには、こまめに赤ちゃんの肌をチェックし、清潔にしてから保湿してあげることを心がけましょう。

メニュー

免責事項

※当サイトは肌の乾燥の原因や対策についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 乾燥肌の原因には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。