TOP >> 肌の乾燥対策 食べ物

スポンサードサーチ

肌の乾燥対策 食べ物

お肌がかさかさする乾燥肌は、対策を怠るとしわやたるみの原因となってしまい見た目年齢も高くなります。

保湿を中心としたスキンケアももちろん大切ですが、毎日の食事の摂り方を変えてみるだけでも乾燥肌の改善効果が高まります

では、どのような食べ物を積極的に摂ればよいのでしょうか?

 

肌の乾燥対策

お肌の乾燥を改善、予防するためには、栄養不足であるお肌に必要なセラミドを多く含む食べ物を摂るようにするとよいでしょう。

セラミドは、お肌の角質層にある脂質のことで、角質層内の水分保持をする働きがあると言われています。

胚芽米や小麦、大豆や生芋こんにゃく、ヨーグルトなどにセラミドは多く含まれています。

年齢を重ねるごとにセラミドの量が減少すると言われていて、早い人は30代後半で少しずつ減少していくと言われています。

よって、セラミド不足にならないためにも、積極的にセラミドを多く含む食品を摂ることがとても大切です。

 

肌周期ターンオーバーを整える

また、新陳代謝を促進し、肌周期(ターンオーバー)の乱れも乾燥と大きく関係しています。

乱れがちな肌周期(ターンオーバー)を整えるためには、ビタミンAが有効だと言われています。

ビタミンAは、卵や乳製品、緑黄色野菜、海藻、肝油、緑茶などに多く含まれています。

 

肌の血行促進

このほかにも、お肌の血行を促進する働きのあるビタミンEやごま油などに含まれる必須脂肪酸を摂ることで肌細胞の膜を守ってくれます。

ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類は皮脂不足を補う働きがあります。

 

肌の乾燥を引き起こす食事

これらの食品を毎日の食事に取り入れることで、栄養バランスの取れた乾燥肌に効果のある食事を摂ることができます。

塩分の多いレトルト食品やインスタント食品、ファーストフードやスナック菓子は、栄養が偏っていてお肌の乾燥を引き起こしやすくします。

よって、できるだけ摂らないように心がけることがとても大切です。

 

サプリメントで補う

また、お仕事などで外食が多く、きちんとした食事が摂れないという場合には、サプリメントなどで必要な栄養素を補うとよいでしょう。

メニュー

免責事項

※当サイトは肌の乾燥の原因や対策についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 乾燥肌の原因には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。