TOP >> 肌の乾燥 病気

スポンサードサーチ

肌の乾燥 病気

加齢やお部屋の湿度の低下、間違ったスキンケア法などによりお肌が乾燥してなかなか元に戻らないという方もきっと多いのではないでしょうか?

お肌の乾燥をそのまま放置しておくと、ますます症状が悪化してしまうことになりますから、症状にあわせた対策が必要です。

 

肌の乾燥でなる病気

顔や身体の乾燥状態が続くと、皮膚の表面がかさかさして白い粉をふく皮脂欠乏症や、赤みや発疹ができてかゆみを伴う皮脂欠乏性湿疹などになります。

また、最近では夜寝ている間に突然身体がむずむずしたり、かゆくなってしまう皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)で不眠になってしまうという方もとても増えているようです。

お風呂上りなどにたっぷりとローションやクリームを塗ることで肌の保湿対策をすることがとても大切です。

特に寒い時期には、暖房の利用などでお部屋の湿度が低くなっている場合が多く、お肌も乾燥しやすくなるので注意が必要です。

 

肌の病気を悪化させない

かゆみを伴った時には、かきむしって肌の表面を傷つけたりすると症状が悪化してしまいます。

よって、常に爪を短く切っておいたり、かゆみをできるだけ我慢するようにすることで悪化を防ぐことができます。

ひどくなる前に皮膚科に相談して適切な処置をしてもらうことがとても大切です。

市販のステロイド外用剤などを利用してよけいに症状が悪化してしまうこともあるようですから、なるべく医師の指示を受けるようにしましょう。

 

肌を保湿するポイント

お肌を保湿をする際のポイントですが、ローションなどで水分を補給したあとに、必ずクリームなどで水分を閉じ込めることが大切です。

肌の表面の水分だけではなく皮脂も十分な量でない場合に乾燥肌になってしまいますから、水分と油分の両方をたっぷりとお肌の奥まで補給してあげましょう

また、洗顔時やお風呂など熱いお湯を顔や身体に浴びた時には、皮脂が流れてしまいお肌が乾燥しやすくなりますから、できるだけ早めにたっぷりとローションなどをつけるようにしましょう。

特に乾燥が気になる部分には保湿パックなどがおすすめです。

メニュー

免責事項

※当サイトは肌の乾燥の原因や対策についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 乾燥肌の原因には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。