TOP >> 肌の乾燥 赤み

スポンサードサーチ

肌の乾燥 赤み

低い湿度や紫外線などによってお肌の乾燥がすすんで赤みや湿疹が出てしまったという場合には、どのように対処したらよいのでしょうか?

 

肌の乾燥で赤みの症状の原因

まず、乾燥肌で赤みの症状が出てしまう原因は、洗顔時の刺激やかゆみを伴ったときの引っかき傷などにより炎症を起こしていることが挙げられます。

お肌が乾燥している状態では、とても敏感になっていてちょっとした刺激でも炎症を起こしやすくなっているので注意が必要です。

よって、洗顔時にゴシゴシとこすってしまったり、お風呂の後に水滴などをふきとろうとしてタオルが強く当たってしまったりすると乾燥している部分が赤くなることがあります。

 

肌の赤みを防ぐ

この赤みを防ぐには、お肌の角質層に水分をしっかりと閉じ込めて乾燥を改善することがとても大切です。

また、ローションだけではなく保湿クリームなどで潤いをお肌の奥にしっかりと閉じ込めて、角質層に水分補給をしてあげます。

そうすることで、少しずつお肌の乾燥がやわらぎ、お肌のバリア機能の低下を改善することができます。

バリア機能が改善されると、お肌がちょっとした刺激にも過敏に反応しにくくなるので、赤みやかゆみという症状も起きにくくなります。

 

肌の赤みを改善する

赤みを改善するには、まずお肌が乾燥する原因とつきとめて、正しい方法でお肌の保湿をするようにしましょう。

また、ローションやクリームはなるべく無添加のものを使うようにすることで、肌荒れなどを防ぐことができるのでおすすめです。

なるべく低刺激の化粧品や洗顔料を使って、お肌に優しく保湿できるものを選ぶとよいでしょう。

 

乾燥に負けない肌

毎日の生活の中で食事や睡眠などの見直しも、お肌の乾燥や肌トラブルを緩和、改善することができます。

栄養バランスが整った食事をきちんと時間どおりに摂ることや、早寝早起きなどの習慣をつけることで身体の中から美肌を作るように心がけましょう。

乾燥に負けない肌になるためには、規則正しい生活習慣と、正しいスキンケアが最も大切ですから、一度見直してみてはいかがでしょうか?

メニュー

免責事項

※当サイトは肌の乾燥の原因や対策についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 乾燥肌の原因には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。