TOP >> 肌の乾燥を悪化させる原因

スポンサードサーチ

肌の乾燥を悪化させる原因

年代を問わず乾燥肌でお悩みの方はとても多いようです。

肌がかさついてきたり、赤みやかゆみと言った症状がでる乾燥肌ですが、症状をさらに悪化させてしまう原因とはどのようなことがあるのでしょうか?

 

乾燥肌の原因

お肌が乾燥するのは、角質層の水分や皮脂などの潤い成分が少なくなり、お肌のバリア機能が低下することで起こると言われています。

その原因には、間違った洗顔方法や過度の洗顔、煙草や飲酒などの習慣、不規則な食事や睡眠、過度のストレス、紫外線、加齢などが挙げられます。

これらの原因が複雑にからんでお肌の乾燥を引き起こしてしまうのです。

 

肌の乾燥が悪化する原因

また、お肌の乾燥をそのまま放置してしまうこともさらに症状を悪化させてしまいますから注意が必要です。

洗顔後、お肌がつっぱるような感じがするのは、もうすでにお肌の乾燥が始まっているサインですから、見逃さずにしっかりと保湿してあげましょう。

顔だけではなく、全身のお肌の乾燥もかゆみの原因となりますから、お風呂上りなどはしっかりとボディーローションを塗ってあげましょう。

熱い湯船に浸かる時には、お湯の中にオイルなどの保湿成分が含まれているものを入れるのもおすすめです。

ただし、あくまで無添加でお肌に低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

10代の乾燥肌の原因

最近では10代の人でも乾燥肌に悩むという人が増えているようです。

過度の洗顔や間違った洗顔方法、化粧品の選び方、スキンケアの方法などが原因となっていることも多いようです。

1日に2度以上の洗顔や、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料などはお肌の乾燥を悪化させる原因になりますから、なるべく使わない方がよいでしょう。

また、熱いシャワーを顔にかけて洗顔してしまうと、皮脂までが落ちてしまいお肌の潤い成分が少なくなってしまうので、洗顔はぬるま湯で行うようにしましょう。

 

悪化を防ぐには

無添加やオーガニックコスメなどは乾燥肌には低刺激なのでおすすめです。

乾燥している肌は敏感になっているので、なるべく刺激を与えないようにすることで悪化するのを防ぐことができます。

メニュー

免責事項

※当サイトは肌の乾燥の原因や対策についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 乾燥肌の原因には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。