TOP >> 肌の乾燥 原因

スポンサードサーチ

肌の乾燥 原因

肌がかさかさしてかゆくなるとても不快な乾燥肌に悩んでいる方もとても多いと思います。

お肌が乾燥してしまう原因はいったい何なのでしょうか?

 

乾燥肌の原因

肌トラブルのひとつである乾燥肌には、様々な原因があると言われています。

肌の乾燥を放っておくと、しわやしみ、たるみなどの元になってしまいますから、早めの対策がとても大切です。

乾燥肌の原因としては、

 

1.加齢によるお肌の老化

2.誤った洗顔法により皮脂まで落としてしまう

3.カフェインの取りすぎ

4.紫外線

 

などが挙げられます。

また、食生活や睡眠などの乱れも肌周期を遅らせる原因となり、せっかく保湿をしても水分を維持しにくい肌にしてしまいます

 

保湿クリームで肌の乾燥対策

よって、皮脂を落としすぎず、肌の奥の汚れをしっかりと落とす洗顔をして、そのあと化粧水をたっぷりとつけ、保湿クリームで水分を閉じ込めるスキンケアがおすすめです。

また、季節に合わせて洗顔料を選び、使い分けることもとても大切です。

特に、秋から冬にかけては洗浄力の強いものを選んでしまうと、皮脂まで落ちてしまうので肌の水分不足を招いてしまいます。

洗顔後にすすぐ際にも、熱いシャワーなどで流してしまうのもあまりおすすめできません。

正しい洗顔は、ぬるま湯を使って優しく洗顔料を落とし、お肌にあまり負担をかけないようにします。

 

紫外線も肌の乾燥の原因

夏に日焼け止めを使うという方は多いですが、春先や秋から冬にかけても紫外線の量は意外と多いと言われています。

紫外線に長時間当たってしまうと、お肌の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

よって、1年を通して日焼け止めを塗って紫外線になるべく当たらないように対策をしましょう。

 

カフェインも肌の乾燥の原因

また、水分補給を上手にすることもお肌の乾燥を防ぐと言われています。

しかし、カフェインの多いものは腎臓や肝臓に負担をかけて、体内の水分コントロールや毒素の排出機能が低下するおそれがあります。

よって、コーヒーや紅茶などのカフェインを含むものではなく、なるべくミネラルウオーターなどで水分補給をするとよいでしょう。

メニュー

免責事項

※当サイトは肌の乾燥の原因や対策についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 乾燥肌の原因には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。